伊勢神宮への観光とおすすめの紹介

年末、家族で伊勢神宮に観光してきました。

年末に少し足を伸ばして比較的すいている神社を参拝するのが、ここ数年の恒例行事になっています。

一昨年は筑波山神社、去年は鹿島神宮と香取神宮でした。

 

これまでは日帰りでしたが、前々から伊勢神宮に行きたいと思っていたので宿泊を入れつつ、犬をペットホテルに預けて弾丸旅行をしてきました。

日が変わるぐらいの真夜中に東京を出発して、6時過ぎに外宮の駐車場につきました。

そして8時過ぎに内宮に移動、お昼過ぎまでおはらい町とおかげ横丁でスイーツやランチを食べたり、おみやげを買ったりしていました。

 

この伊勢旅行でよかったことやおすすめしたいこと、注意したいことをまとめます。

 

外宮 表参道火除橋

伊勢神宮 外宮の観光とおすすめ

現地のローマ字の交通標識で気付いたのですが、まず読み方を見違えていました。「げぐう」と読んでいたのですが「げくう」と「く」が濁らないんですね。

などと感心しながら外宮の駐車場(外宮第一駐車場)に到着。6時過ぎでしたがすでに20台ぐらい駐車していました。

 

ここで感心したのがトイレです。参拝・観光で(特に子供がいると)心配なのがトイレ。

和式で用を足せない、汚くても用を足せないこともある中、伊勢神宮は内宮含めて清潔でおすすめです。

下の写真のようにとても清潔なトイレでした。

外宮 駐車場近くのトイレ

 

外宮は、もちろん広いのですが、杉の大木が多いことと正宮まで一本道なので思ったよりコンパクトに感じます。

伊勢神宮HPより

 

手を清めて2つの鳥居をくぐり抜け、神楽殿の先が豊受大神宮(正宮)と式年遷宮の時に正宮を建て替える場所の古殿地になります。

 

外宮 正宮

正宮も7時前だとまだ人も少なくこころ静かに参拝ができました。

その後、3つの別宮を参拝しました。

・元寇の時に神風を吹かせた風の神様を祀る「風宮」

・土地神を祀った「土宮」

・豊受大神の活動的な魂(荒御魂)を祀った「多賀宮」

多賀宮は数十段の石段を登っていくことになるので、足の弱い方は杖があるといいでしょう。

 

外宮のおすすめや注意すること

トイレが清潔なので外のトイレよりおすすめ

たくさんの杉の木があるので花粉症の方はマスクや薬を用意しておくと安心

外宮から内宮の順で参拝すると、お土産(お札やお守り)を買い忘れたらいけないと思い、買ってしまうかもしれませんが、外宮よりも内宮の方が質・量共に上です

清盛楠や亀石といった見落としがちな見所もあります。ガイドブックや衛士見張所においてあるパンフレットを参考にして見落とさないようにしましょう

伊勢神宮 内宮の観光とおすすめ

外宮の読み方を間違えていたのは内宮も同じで、「ないぐう」ではなく「ないくう」で「く」が濁りません。

また到着が9時前だったので近い第一駐車場が利用できました。

(内宮に近いおすすめ駐車場は第一・第二・第四駐車場です。)

 

宇治橋もまだ人が少なく、朝日に向かって清々しい気持ちで橋を渡ることができました。

まず、内宮のスケールの大きさに驚きました。

伊勢神宮HPより

 

橋を渡ると玉砂利と松がきれいな神苑から、身を清めるために五十鈴川の御手洗場で手を洗います。底が浅く水が澄んでいます。

五十鈴川御手洗場

 

参道の突き当たりには、正宮があります。鳥居の内側で参拝します。

すると、さらに内側で神職の方と参拝している方々がいました。御垣内参拝または特別参拝や正式参拝と言われているそうです。

 

内側での参拝方法を確認しました、以下の記事を参考にしてください。

<伊勢神宮>内宮の御垣内参拝について

https://nattynote.com/2018/01/ise_mikakiuchi/

そして荒魂宮や神楽殿を周り、参集殿では休憩ができお茶もいただけます。

神楽殿では、神宮大麻やお守りなどありますが、五十鈴(戌)がかわいいので子どもたちが自分用に買いました。

 

内宮のおすすめや注意すること

昼前には内宮前の駐車場(第一・第二・第四駐車場)が満車になります。午前中に参拝するかおはらい町側の駐車場を利用することをおすすめします

https://nattynote.com/2017/12/ise_parking/

 

内宮もトイレが清潔なので外のトイレよりおすすめ、神苑の先から参集殿までトイレがないので注意

たくさんの杉の木があるので花粉症の方はマスクや薬を用意しておくと安心

流れに任せていくと風日折宮など知らずに過ぎてしまう見所もあります。ガイドブックや衛士見張所においてあるパンフレットを参考にして見落とさないようにしましょう

 

おはらい町とおかげ横丁の観光とおすすめ

おかげ横丁の行きたいグルメスポットについてはこちら

https://nattynote.com/2017/12/isejingu_lanch/

 

内宮をお参りしてからお昼まで時間があったので、まずはスイーツということで赤福本店に行きました。

こちらでは赤福餅と冬季限定の赤福ぜんざいを食べることができます。

(ぜんざいは道を挟んだ反対側の店舗のみ)

当日、とにかく寒かったので、火鉢にあたりながら美味しいぜんざいと作りたての赤福が食べられる至福の時でした。

赤福本店は朝早く(5時)から開店していますが、やはり人気です。

 

赤福本店

 

お昼は伊勢うどんと悩みましたが、せっかくだからということですし久のてこね寿しにしました。

てこね寿しで一番安い梅(1,250円)にしたのですが、かつおの下の酢飯が固めてあるのでなかなかのボリュームでした。(ボリューム的には梅でいいと思います)

個人的にはカツオ自体より少し甘めの酢飯が気に入りました

 

すし久 てこね寿し 梅

 

お土産では、内宮の犬の五十鈴おかげ犬グッズを買って帰りました。

 

こちらの伊勢神宮の記事もいかがですか

<伊勢神宮>周辺のおすすめホテル・旅館

https://nattynote.com/2017/12/ise_hotel/

<伊勢神宮>内宮・外宮の駐車場をまとめる

https://nattynote.com/2017/12/ise_parking/

コメント