<2018年>安くておすすめの4K対応テレビを選ぶ(40型-60型)

スポンサーリンク

<結論>おすすめの安いテレビ

この記事でおすすめしている「パナソニック ビエラ TH-43EX600」アマゾンのプライムデー(7/16 12時スタート)の目玉商品になりました。

<2018年>Amazonアマゾンプライムデーの日程+目玉・おすすめ商品まとめ
2018年のAmazon(アマゾン)プライムデーのスケジュールとおすすめ商品・目玉商品の紹介。おすすめはAmazon EchoやFire7、Kindleのデバイスやガジェット・家電。時間は36時間に延長。2017年のおすすめ商品(PC・ゲーム・TV)も紹介

 

おすすめの安い4K対応テレビ(40型~60型)

4K対応テレビでは、東芝のレグザ C310Xシリーズシャープのアクオス U45シリーズがコスパが高くおすすめです。

 

最初に結論から…

・40型でおすすめは、シャープ アクオス LC-40U45

・43型でおすすめは、東芝 レグザ 43C310X、パナソニック ビエラ TH-43EX600

・49型のおすすめは、東芝 レグザ 49C310X

・50型でおすすめは、シャープ アクオス LC-50U45

東芝のレグザ C310Xシリーズと、シャープのアクオス U45シリーズが強く、他でも新モデル発売後の型落ち4K対応テレビにお得なテレビが多いです

 

おすすめの安いフルHDテレビ(~45型)

フルHDテレビでは、東芝のレグザ S21シリーズとシャープのアクオス S5シリーズがコスパが高いといえます
ただし4K対応テレビの価格が想定以上に下落していますので、4Kで安くなりやすいレグザ C310Xとアクオス U45シリーズも同時に比較するのがおすすめです。

では、コスパ重視でリビングに使える40型から60型のテレビを探すようになった理由と、おすすめの購入時期や購入すべきモデルを記事にまとめました。

 

エコポイントの時に買ったテレビからの買い替え

我が家のリビングにある液晶テレビが壊れました。何も映りません。
2010年に購入したものですから、8年使っているものでした。

地上デジタル放送の開始に合わせて地デジ対応テレビの買い替えを促した、エコポイントをもらえるから購入したものです。

 

<よりみち>家電エコポイントとは
2009年~10年にかけて国が推進した政策で、環境に良い製品を購入することで、エコポイントというポイントを獲得できました。
エコポイントは商品券などに交換できるため、実質的には地デジ対応テレビの購入補助金となりました。また、地上デジタル化により今までのアナログテレビは見れなくなるため、余計に購入チャンスととらえる人が多かった印象があります。

 

液晶テレビはデジタル製品ですし、子どもが赤ん坊の頃、よくリモコンでテレビの画面を叩いていたこともありました。だから、8年持てば十分という気持ちです。

 

それに、私としては「どんなテレビを買おうかな」って考えたり調べるのは楽しいので、これを機に記事としてまとめました。

<壊れたテレビのスペック>
・リビングに置くテレビ(12畳)
・壊れたのは32型の液晶テレビ(シャープ アクオス LC-32SC1)
・画素数:1366×768(ハイビジョン)
・チューナー:地デジ、BS、CS、アナログx1
(別にブルーレイレコーダー。チューナーすべて2系統)
・サイズ 幅:78.0cm  高さ:51.5cm  奥行き:24.6cm(台座含む)

manbob86 / Pixabay

テレビが安くなる理由

テレビを安く買うためにはいくつかの方法があります。

 

テレビは3つの条件が重なって徐々に価格が落ちて、底値になって、市場から無くなります。
その3つの価格が下がる条件についてまとめます。

たくさん売るためのセール

メーカーや販売店はたくさん売るために値段を下げてセールをしますし、買う方はセールの時期を狙って買うことが多くあります。

セールの時期に合わせて購入することで安く買うことができます。

 

有名なセール時期は、ボーナスセールの6月中旬から7月。年末セールの12月末があります。

加えて最近では、11月下旬から始まるブラックフライデーやサイバーマンデーといったセールも注目を集めています。

ブラックフライデーやサイバーマンデーは、アメリカで行われる感謝祭の後に始まる年末セールでしたが、Amazonやイオンが日本でも大規模にセールをするようになりました。

(特にAmazonではプライム会員限定で行う7月のプライムデーと12月のサイバーマンデーが2大セールで、最安値の商品が続出するお得なセールです。)

<アマゾン>Amazonプライムの特典と会費をまとめる
Amazon(アマゾン)プライム会員の費用と会員の特典・メリット(プライム会員先行タイムセール、送料無料、プライムビデオなど会員向けサービス)とおすすめの利用方法をまとめて紹介。更にプライム会員の無料体験やプライム会員の解約方法までまとめました。

 

販売サイクルによる価格の低下

テレビの価格は発売後の価格が最も高く、時期が経つにつれて安くなって行きます。


テレビメーカーの販売サイクルは1年が多く、発売後1年程度で底値になります。

その後は、大きなセールの目玉商品(Amazonなら大規模セール時の特選タイムセール・
日替わりセールの目玉商品)なりますが、販売開始の1年半後ぐらいには完全に市場から姿を消して行きます。

なので、新製品が発表・発売された型落ち製品がお買い得度が高いです。

 

量産化技術とコストダウンによる価格の低下

これもメーガー側の事情になります。

現在販売しているテレビは、8K対応TV、有機ELTV、4k対応TV、フルHDTV、ハイビジョンTVがありますが、使われている技術により価格の下落率や底値の絶対額が決まります。

 

この原因には、「量産化の技術」や「原材料の価格」、「会社のイメージ」などの理由はありますが、大きく3つのパターンに分かれています。

 

1.かなり高価な製品だけど、一定以上安くなる(といっても一般人にはそれでも高価)
→8KTV、有機EL

先進的な技術で、メーカーも量産化技術をはじめとして原価低減のノウハウを蓄積・改善中。
購入者も、感度の高い新しもの好きか、お金持ちの方です。
高価ですが、メーカーもコストダウンできていない最新の技術なので、ある意味お得です)

 

2.発売当初は比較的高価だが、底値では一般人でも値ごろ感を感じる価格になる
→4KTV

メーカーとしては、数年にわたり生産を続け量産化技術を獲得、原価の低減もできた状態です。

購入者から見ると、発売当初には値がさ感がありますが、モデル末期には魅力的な価格になります。ここで一般消費者も性能とコストを比較して、魅力を感じ出します

(競争力の強い、シェアが大きいメーカーが価格競争をはじめ、全体が安くなり出します)

 

3.最初からお得な価格であることをアピール、技術的には枯れている
→フルHD、ハイビジョン

メーカーとしては、少しでも利益を出すこと、工場を稼働させることが目的です。
購入者としては、テレビは「映ればいい」といった価格重視・安さを求める方まで買うようになります。

 

2018年現在では、狙うのは価格競争が始まった「4KTVの底値を拾う」のがベストです。

TMSTBCH / Pixabay

コスパの高い4Kテレビ選び(フルHDも)

4Kテレビ・フルHDテレビの選ぶ条件

<条件>
日本のメーカーであること。
ソニー、パナソニック、シャープ、東芝の4社。日立と三菱は少ないので対象外)
リビングに置くテレビの大きさ(40型から60型の間)
・最低でもフルHD、4K、有機ELでも予算内なら…
・予算は10万円以内

といったところで選びました。

 

<条件の補足>
日本メーカー4社ということですが、シャープは会社自体が台湾のホンハイに買収されましたし、東芝もテレビを含む白物家電を中国のハイセンス(青島海信電器)に売却しましたので、資本的にはソニーとパナソニックの2社ですが、販売網や生産拠点は日本にあるので日本メーカーとしました。

結果まとめ

10万円以内だと最大で55型まで
フルHDは40型で5万円から
4K対応テレビは40型で7万円から
・価格は、ソニー≧パナソニック>>>シャープ・東芝

 

40型おすすめ 4K対応・フルHDテレビ

40型のおすすめは 、4K対応、シャープ アクオス LC-40U45基本的な機能が揃っているのに安いのが魅力。すでに発売後1年以上経っているので、もう今が底値でしょう。
またフルHDテレビなら、運が良ければ4万円台で買えるので価格に全振りの方はこちらがおすすめです。
サイズは、だいたい横90cm x 縦56cm程度です。

 

<40型4K・フルHD主要テレビ>

サイズメーカーシリーズ型番画面高さ奥行価格確認
大手量販店+
大手通販
発売日
40型シャープAJ14T-C40AJ14K90.158.527.1  
  U45LC-40U454K90.155.827.170,0002017年3月
  W5LC-40W5FullHD91.258.125.5  
  S5LC-40S5FullHD92.655.319.353,0002017年9月
 東芝M510X40M510X4K90.357.617.877,000 
  V3140V31FullHD90.756.415.5  
 S2140S21FullHD90.756.416.152,0002017年9月

一定以上の価格のものは、価格の記載を省略。

 

40型4Kおすすめテレビ

・シャープ アクオス LC-40U45

ポイント:価格の安さに加えて、HDR対応、チューナー3系統などテレビを見るための基本機能がそろっているます。
大手通販・量販店最安値:7万円
発売日:2017年3月
サイズ:幅90.1 x 高さ55.8 x 奥行き27.1(cm)
チューナー:地デジx3、BSx3、CSx3
その他の特徴:2画面分割、無線LAN内蔵

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★★☆4.2(11件のレビュー
kakaku.com評価:★★★☆3.9(15件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.5(30件のレビュー)

良い口コミ:4Kパネルになって明確に画質が向上、音質や起動速度も以前のテレビより改善したので大満足です。入力切替だけは若干遅いですが、許容範囲です。
32型からの買い替えを考えている方にはオススメです。

悪い口コミ:擬似倍速機能として付いている120スピードモードは、映像が非常に暗くなるうえに画面がチラチラして使えなかったので、常にオフにしています。スポーツをよく見ますが、機能オフの状態でも、残像が気になるとかは今の所ありません。

 

 

40型フルHDおすすめテレビ①

・シャープ アクオス LC-40S5

ポイント:最低限の機能だけど、テレビを見るだけならこの価格帯は大変魅力的です
最安値目安:5万3千円
発売日:2017年9月
サイズ:幅92.6 x 高さ55.3 x 奥行き19.3(cm)
チューナー:2つ(1つは裏番組録画チューナー)
その他の特徴:直下型LEDバックライト

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★3.0(2件のレビュー
kakaku.com評価:★★★★☆4.4(3件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.5(13件のレビュー)

 

 

40型フルHDおすすめテレビ②

・東芝 レグザ 40S21

ポイント:安さで勝負の製品。大手量販店や大手通販でも運が良ければ5万円切りもあります。
最安値目安:5万1千円
発売日:2017年9月
サイズ:幅90.7 x 高さ56.4 x 奥行き16.1(cm)
チューナー:1つ

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★★★5.0(3件のレビュー
kakaku.com評価:★★★★☆4.7(4件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.6(5件のレビュー)

 

 

43型おすすめ 4K対応・フルHDテレビ

43型では、スペック・価格的に東芝 レグザ 43C310Xがおすすめ。
必要なサイズは、だいたい横97cm x 縦62cm程度です。

理由は対抗となるパナやソニーと東芝を比較したとき、ブランド力以外は上回っていると思うあので…

 

<43型4K・フルHD主要テレビ抜粋>

サイズメーカーシリーズ型番画面高さ奥行き価格確認発売日
43型シャープAM14T-C43AM14K96.663.127.2  
 ソニーX8500FKJ-43X8500F4K96.562.827.9  
  X7500FKJ-43X7500F4K97.063.027.8118,000 
  W730EKJ-43W730EFullHD97.062.322.667,0002017年2月
 パナソニックFX750TH-43FX750 4K97.462.422.5  
  FX600TH-43FX6004K97.462.423.2112,000 
  FX600TH-43EX6004K97.462.423.272,0002017年4月
  F300TH-43F300FullHD97.461.424.780,000 
 東芝BM620X43BM620X4K96.762.919.1  
  M520X43M520X4K96.759.018.2  
  C310X43C310X4K96.861.624.981,0002017年4月

一定以上の価格のものは、価格の記載を省略。

 

43型4Kおすすめテレビ①

・パナソニック ビエラ TH-43EX600

ポイント:パナソニックの43型4Kテレビで8万円切りは大変魅力的です。
大手通販・量販店最安値:7万2千円
発売日:2017年4月
サイズ:幅96.9 x 高さ62.4 x 奥行き31.5(cm)
チューナー:地デジx2、BSx2、CSx2
その他の特徴:HDR対応、2画面分割、DLNA


評判・口コミ:
Amazon評価:★★★★☆4.3(54件のレビュー
kakaku.com評価:★★★☆3.6(7件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.6(10件のレビュー)

良い口コミ:12年前に購入した32型VIERAからの買い換えです。とても満足しています。
画質の向上による満足感が一番大きく、もはや前には戻れません。
11インチ上の本体サイズに心配がありましたが、画面の外縁が縮小し殆ど気になりません。
本体も3分の1ほどの薄さになり、重量も軽くなりました。

悪い口コミ:4Kになり、全ての番組の見栄えが良くなることは言うまでもありませんが
同時にちょっとした違和感が生まれます。映像モード「スタンダード」で映画を見ると、綺麗過ぎて映像が「安っぽいテレビドラマ」風になること。ハイキーになり輪郭が明瞭になる。
「映像モード」を「シネマ」または「シネマプロ」に設定して視聴しています。

 

 

43型4Kおすすめテレビ②

・東芝 レグザ 43C310X

ポイント:コスパの高さでは今回紹介する中でもトップクラスです。また安売り屋さんで買うならかなり安く買えます。
大手通販・量販店最安値:8万1千円(この商品は大手家電量販店やアマゾンの公式の価格帯。安売り店を比較すると大きな差があり、安売り店では6万円台のことも)
発売日:2017年4月
サイズ:幅96.8 x 高さ61.6 x 奥行き24.9(cm)
チューナー:地デジx3、BSx3、CSx3
その他の特徴:HDR対応、2画面分割、DLNA、無線LAN

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★☆3.7(9件のレビュー
kakaku.com評価:★★★★☆4.5(23件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.8(6件のレビュー)

良い口コミ:0.83msecというかなりの低延長で反応が早いのでゲームなどをやる時は非常に快適であり、STG、音ゲーなどに非常に向いていると言えます。

悪い口コミ:この4kテレビ HDR非対応です。くれぐれも注意して購入して下さい。

 

 

43型フルHDおすすめテレビ

・ソニー ブラビア KJ-43W730E

ポイント:一応おすすめとしてあげましたが、ソニー好きの方でなければ、同じ値段で4K対応の東芝 レグザ 43C310Xを安売り屋で買うのをおすすめします。
最安値目安:6万7千円
発売日:2017年2月
サイズ:幅97.0 x 高さ62.3 x 奥行き22.6(cm)
チューナー:2つ(1つは録画チューナー)
その他の特徴:LEDバックライト、無線LAN内蔵

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★☆3.1(12件のレビュー
kakaku.com評価:★★★☆3.9(8件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.3(14件のレビュー)

 

 

45~60型おすすめ 4K対応テレビ

50型以上になると各社多数の4K対応テレビを発売していますが、55型以上になると10万円以下の製品がなくなるので対象外にしました、詳しくは表を確認してください。

49型のおすすめ4K対応テレビは、東芝 レグザ 49C310X
50型のおすすめ4K対応テレビは、シャープ アクオス LC-50U45
必要なサイズは、45型で横102cm x 縦65cm、49型で110cm x 70cm、
50型で112cm x 71cm程度、55型で124cm x 78cm程度、60型で135cm x 縦85cm程度です。

 

<45型-60型4K・フルHD主要テレビ>

サイズメーカーシリーズ型番画面高さ奥行き価格確認発売日
45型シャープAJ14T-C45AJ14K101.964.827.1  
  US45LC-45US454K101.964.827.199,000 
  W5LC-45W5FullHD101.962.625.580,000 
49型ソニーX9000FKJ-49X9000F4K109.369.426.8  
  X8500FKJ-49X8500F4K109.870.327.9  
  X7500FKJ-49X7500F4K110.170.527.9138,000 
 パナソニックEX850TH-49EX850 4K120.067.723.0  
  FX750TH-49FX7504K109.969.424.5  
  FX600TH-49FX6004K110.269.923.2122,000 
 東芝BZ710X49BZ710X4K110.569.218.9  
  C310X49C310X4K110.069.524.887,0002017年4月
50型シャープAM14T-C50AM14K112.671.927.2  
  US5LC-50US54K112.671.927.1  
  AJ14T-C50AJ14K112.671.927.1  
  US45LC-50US454K112.671.927.1  
  U45LC-50U454K112.269.127.185,0002017年3月
 東芝BM620X50BM620X4K112.071.620.1  
  M520X50M520X4K112.067.718.2  
  M510X50M510X4K112.571.017.892,000 2017年5月
55型シャープUH5LC-55UH54K135.979.334.1  
  US5LC-55US54K123.179.434.1  
  AJ14T-C55AJ14K124.078.734.1  
  US45LC-55US454K123.179.434.1142,000 
 ソニーA8FKJ-55A8F4K有機EL122.683.625.5  
  A1KJ-55A14K有機EL122.871.133.9376,000 
  X9000FKJ-55X9000F4K122.866.126.8  
  X8500FKJ-55X8500F4K123.177.631.5  
  X7500FKJ-55X7500F4K124.278.435.6167,000 
 パナソニックFZ1000TH-55FZ10004K有機EL122.878.533.0  
  FZ950TH-55FZ9504K有機EL122.877.430.0378,000 
  EX850TH-55EX8504K133.875.530.0  
  FX800TH-55FX8004K123.477.525.4  
  FX750TH-55FX7504K123.577.024.5  
  FX600TH-55FX6004K124.077.723.2168,000 
 東芝X92055X9204K有機EL122.672.225.1  
  X91055X9104K有機EL122.972.817.0314,000 
  BZ710X55BZ710X4K124.276.918.9  
  BM620X55BM620X4K123.778.220.1  
  M520X55M520X4K123.774.318.2205,000 
58型東芝M510X58M510X4K130.081.620.2139,000 
60型シャープUH5LC-60UH54K148.384.634.1  
  AM14T-C60AM14K135.484.934.1  
  US5LC-60US54K135.484.934.1  
  AJ14T-C60AJ14K135.484.934.1  
  US45LC-60US454K135.484.934.1  
  U45LC-60U454K135.182.728.8152,000 
 パナソニックEX850TH-60EX8504K144.781.630.0  

一定以上の価格のものは、価格の記載を省略。

 

49型4Kおすすめテレビ

・東芝 レグザ 49C310X

ポイント:49型で9万円を切る、コスパが高い製品です。
大手通販・量販店最安値:8万7千円
発売日:2017年4月
サイズ:幅110.0 x 高さ69.5 x 奥行き24.8(cm)
チューナー:地デジx3、BSx3、CSx3
その他の特徴:直下型LEDバックライト、4K映像入力対応、DLNA、無線LAN

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★☆3.9(3件のレビュー
kakaku.com評価:★★★★☆4.2(12件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.3(4件のレビュー)

良い口コミ:値段:4K/LEDバックライトでこの価格はお買い時。画質は古い機種からからの買い替えであれば十分満足できる高画質。チャプターもしっかりしていてCMもカットできる
悪い口コミ:HDR非対応

 

 

50型4Kおすすめテレビ

・シャープ アクオス LC-50U45

ポイント:必要な機能が揃っている10万円を切った50型!!
大手通販・量販店最安値:8万5千円
発売日:2017年3月
サイズ:幅112.2 x 高さ69.1 x 奥行き27.1(cm)
チューナー:地デジx3、BSx3、CSx3
その他の特徴:HDR対応、2画面分割、無線LAN内蔵

評判・口コミ:
Amazon評価:★★★★☆4.1(24件のレビュー
kakaku.com評価:★★★★4.0(21件のレビュー)
ビックカメラ評価:★★★★☆4.5(22件のレビュー)

良い口コミ:32型からの買い替えです。商品が届いて大きさにびっくりしました。
光BOX、Fire TV Stick 、PS4proを繋げてますが映像がとても奇麗です。この必要な機能が値段で50型が買えることに驚きです。

悪い口コミ:4Kでゲームをするとき激しい動きの時に残像みたいなのが出ます。

 

 

最後に

今回おすすめのテレビに、東芝やシャープの製品がコスパが抜けていたので、多く選ぶことになりました。

ただ一方、今後については少し悲観的です。

 

東芝もシャープも、今まで日本レベルでの信頼性を重視していましたが、外資に入ったことから少しづつ信頼性を犠牲にしても、原価を安くする方針でテレビを設計していく気がします。

もしかすると、今が製品の信頼性と価格のバランスが、消費者にとって一番良い状態なのかもしれません。

ちなみに私は、いろいろお店を巡って確認しましたが、我が家のリビングダイニングがそれほど広くないので(13畳程度)横幅が100cmに収まる43型の4Kテレビを買う予定です。(45型も考えましたが43型の方がコスパの高い機種があるので43型にします)

・パナソニック ビエラ TH-43EX600

・東芝 レグザ 43C310X

 

<おすすめ記事>

<Amazon>アマゾン セール・キャンペーン期間と内容まとめ
Amazon(アマゾン)の大きなセールがいつ実施されるか、目玉・おすすめ商品にどんなものがあるかをまとめました。プライムデー(Primeday)やサイバーマンデー(CyberMonday)をはじめ、春夏秋冬の折に触れ実施するタイムセールも合わせて紹介します。
<amazon>ウォッチリストの使い方<タイムセール>
Amazon(アマゾン)のプライムデーやサイバーマンデーなどタイムセールで目玉商品・おすすめ商品を見逃さないようにするのがウォッチリストです。ウォッチリストの設定・使い方をまとめました。プライム会員の無料体験についても紹介
<Amazon>Amazonコインでアプリ課金をお得にする<高割引・高還元>
Amazonコイン(アマゾン)はアプリの課金に使えますが、他の課金方法より割引率・コインバック率が高くお得なのでおすすめ。「パズドラ」や「モンスト」など有名アプリでも使えるAmazonコインの特徴、アプリストアや専用アプリでの買い方・使い方・注意点をまとめて紹介

コメント