<Apple>Apple Musicの料金・使い方・おすすめまとめ(Spotify比較)

スポンサーリンク

音楽配信サービスは”Spotify”と”Apple Music”が中心

音楽配信サービスが拡大しています。

2018年の主だったニュースだけでも…(下線は引用元の記事にリンク)

 

音楽配信サービス最大手であるスウェーデン “Spotify” の加入者が7,000万人超え。
(The Verge 2018.1)

“Apple Music” が “Spotify” のアメリカにおける有料契約者数を夏にも追い越す見込み
The Wall Street Journal 2018.2)

“Apple Music” の加入者が、3,800万人の有料加入者と800万人の試用ユーザーを獲得(iFlyer 2018.3)

“Spotify” がニューヨーク証券取引所に上場(初日の時価総額:265億ドル:約2.8兆円)
Gizmodo 2018.4)

 

追記:4/13  Apple Music、有料会員数が4000万人突破!サービス開始から3年足らず、Spotifyを猛追(techcrunch 2018.4)

 

最大手の Spotify が10年ちょいでニューヨークに株式を上場して成功した一方、Appleの Apple Music が大きな伸びを見せて “Spotify” のシェアを脅かしている状況です。

“Apple Music”と”Spotify” 以外にも “GooglePlay Music” や “Amazon Unlimited” 、”Line Music” などなど、各社が音楽配信サービスを始めています。

 

 

音楽配信サービスが盛り上がる中 “Apple Music”  “Spotify” を利用していて気づいたこと、”Apple Music” と “Spotify” の比較しつつ、おすすめの使い方・プランをまとめます。

 

<結論>Apple Music・Spotifyおすすめプランと魅力

 

最初にこの記事の結論をまとめると…

 

結論:まずは音楽がある生活を試してみましょう!

理由:”AppleMusic” なら3ヶ月の無料期間、”Spotify” なら音質や機能の限定がつくけど無料プランがあります。

 

音楽配信サービスがある生活は、「新しいミュージシャンの発見」や「忘れていた曲」との出会いがあり。意外と生活自体が潤いのあるものにあります。

 

 

<Apple Musicの評判>

無料の3ヶ月のトライアルが、機能制限のないフルサービスで体験できるのでおすすめです。

ポイントとしては、

・iTunesを利用(iPhoneやMac)しているとシームレスにライブラリに統合されます。

・曲数が最大の4,500万曲以上で、ニッチなジャンルでも膨大なライブラリ

・オフライン再生(ダウンロード)に制限がないので、興味を持つたくさんの曲を持ち運べる

 

<Spotifyの評判>

SpotifyのFreeプランは、以下の機能制限はありますが、無料なのでおすすめです。

・広告が流れること

・音質が制限されること(最大160kbps)

・検索や楽曲のスキップなどの機能が制限

・オフライン機能が使えないこと

また、有料プランでは最大320kbpsの音質で聞けるのがメリットです。

 

Apple Musicのプランと料金を紹介
(Spotifyのおすすめも)

Apple Musicでは3つのプランがあります。それぞれ3ヶ月の無料体験ができます。

 

Apple Musicは、

iTunesの使いやすさ、おすすめのチョイスの良さ、曲数が最大の4,500万曲以上、オフラインでも無制限の持ち出しができることが特徴です。

 

学生大学、短大、専門学校、専門課程に通う学生さん向けプラン。
月額費用が半額の480円/月なだけで、サービス内容は個人プランと同じ。サービス内容や登録など、詳しくは Apple Music の学生プランを利用する を確認してください。

 

個人:一般向けプラン。月額費用は980円/月ですが、一般向けプランだけ2ヶ月分安くなる9,800円/年の年支払いが可能です。
(月額980円はSpotifyを始め、他音楽配信サービスと同額もしくは安い水準です)

 

ファミリー:家族向けプラン。1,480円/月の費用がかかりますが、6名まで使えるのでお得に利用できます。サービス内容や登録など、詳しくはApple Music のファミリープランを利用する を確信してください。

 

とりあえず音楽を聞きたい場合は、SpotifyのFreeプラン

きちんと音楽配信を試したい場合は、Apple Musicの無料トライアルがおすすめです。

 

 

Apple Musicを無料で体験する

PCやiPhoneなどのスマートフォンでの無料体験のやり方

 

<PCやスマートフォンでのApple Music 3ヶ月無料トライアルのやり方>

①まず、 iTunesのページに行きます。
(英語の場合はページ上のタブから「日本」選択して続ける)

②フリートライアルをクリックしてした後のページで「無料で始めよう」や「プランを選択」をクリック。

③「個人」「ファミリー」「学生」各コースを選んで3ヶ月の無料トライアルを開始。

④その後、画面が変わりiTunesにサインインします。
(iTunesにクレジットカードを登録していない場合はクレカの登録が必要)

支払い方法:Apple Music にはじめて登録する際は、以下のいずれかのみ選択可能。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • キャリア決済 (対応している通信事業者を通じた決済)
  • 携帯電話事業者バンドル
  • iTunes Card と Apple Music ギフトカード

⑤自分の好きなジャンルやミュージシャンを選んでいき、好みに合うようにiTunesをアレンジして行きます。

 

その結果、選択したジャンルやアーティストに基づいて、エキスパートたちがおすすめの曲を案内します。おすすめ情報は、「For You」タブで確認できます。登録後でも随時、違うジャンルやアーティストを選択可能です。

 

登録手続きの際に、以下のように選択してください。

  • 気になるジャンルやアーティストは 1 回タップまたはクリック。
  • 一番好きなジャンルやアーティストは 2 回タップまたはクリック。
  • 好みでないジャンルやアーティストは、左上隅の iTunes の削除アイコン を長押しするかクリックして削除。

お気に入りのアーティストが表示されない場合は、「他のアーティスト」をタップします。アーティストを 3 組以上選択して「完了」をタップすることで、自分好みのiTunesになっていきます。

 

Apple Musicの解約・退会方法

別記事として準備中

 

 

 

おすすめ記事

<2018>AppleのノートPCの選び方とおすすめ機種(MacBook,Pro,Air)
AppleのノートPC(MacBook Pro、MacBook、MacBook Air)の用途・使用目的に合う選び方とおすすめMacBookを紹介。特徴やスペックから価格・安さ、携帯性、高機能各々の要望に対するおすすめMacをまとめ。
<Apple>Mac・iPadをお得に購入する方法(整備済・ポイント・クレカ)
MacBookやiPadなどApple製品をお得に安く買う方法を整理。Apple公式サイトの整備済製品がおすすめ。加えてクレジットカードやポイントサイトでのポイントを合わせて超還元のやり方やおすすめクレジットカードの紹介。家電量販店のポイント還元もまとめ。
<Apple>学割でMacやiPadをお得に購入する
Appleには学割があります。学生・先生・PTAなど対象が幅広いのが特徴です。学割対象はMacbookやiPad、iMacなど各シリーズ。学割の中でも安くておすすめのMac・iPadや値引き率比較、購入方法、購入条件、注意事項をまとめました。

 

 

コメント