<Amazon>自分の車の適合パーツを絞り込める<Amazonガレージ>

AmazonガレージでAuto Parts Finder(オートパスファインダー)機能が搭載でパーツ探しが楽になる

Amazonの「カー用品ストア」Amazonガレージで、嬉しい機能が追加されました。

車のメーカーや車種、年式を登録することで、タイヤやシート、オイル、バッテリー、ワイパーなど、その車に合ったパーツに絞り込んで検索できる機能「Auto Parts Finder機能」がスタートしたので早速試してみました。

 

 

なんでもアマゾンでは、現在1000万点以上の国産・外車に対応したパーツ、アクセサリ、メンテナンス用品を扱っているので、適合する・しないはとても大事です。

(買ったパーツが適合しない時はとても寂しくなりますよね…)

 

Amazonの専用ページに車の情報を登録することで、その車に適合するパーツに絞り込んで検索できるほか、商品詳細ページでも適合性の確認ができます

 

また、検索できるほとんどのパーツは、日本全国14,000店以上の整備工場などでの取付サービスもAmazonで申し込みできます!すごい!!

 

これにより、1,000万点以上の商品から、自分の車に適合するパーツをより簡単に確実に見つけ、整備工場での取付サービスも併せてAmazonでできることになりました。

【「Auto Parts Finder」の特徴】

  • 車の情報を専用ページに登録することで、適合パーツの絞り込み検索や商品詳細ページ上での適合性確認が可能。
  • 複数の車の情報を同時に登録できるうえ、登録した車に適合する様々なカーパーツがまとめて検索可能。

 

【「Auto Parts Finder」の利用手順】
1. 専用の登録ページ(http://www.amazon.co.jp/adp-auto/garage)にアクセス
※初回登録時のみ2. 車のメーカーや車種、年式を登録 ※初回登録時のみ3. 検索画面左のカテゴリー選択にて「カー・バイク用品」 が選択されていることを確認
4. 検索画面から探したい商品を検索

 

5. 検索結果ページで「この車で絞り込む」をクリック

 

では、検索画面から商品に行かずに、適合しない商品ページに行った場合はどうなるかというと…商品ページ上部に「この商品はあなたの車に適合しません」というメッセージと「自分が登録した車」が出て来ます。安心ですね。

ということで、前より使いやすくなったAmazon(アマゾン)ガレージ、訪れたことがない人は一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

<おすすめ記事>

<Amazon>アマゾン セール・キャンペーン期間と内容まとめ

https://nattynote.com/2017/11/amazon_sale_matome/

<amazon>ウォッチリストの使い方<タイムセール>

https://nattynote.com/2017/12/watchlist/

<アマゾン>Amazonプライムの特典と会費をまとめる

https://nattynote.com/2017/12/amazon_prime/

<Amazon>2018年3月下旬のアマゾンタイムセール祭り

https://nattynote.com/2018/03/201803_amazontimesale/

コメント