<葬儀>家族葬・直葬の流れと費用

葬式・家族葬・直葬

葬式を何回かしました。葬式には形式によっていくつが種類がありますが、いわゆる「家族葬」「直葬」が別れの時間を多く取れることから個人的には気に入っています。

葬式の形式には大きく分けて3種類あります。
“いわゆる”一般的なお通夜と告別式がある葬式、家族葬、直葬の3つです。それぞれどこが違うのでしょうか?

 

<喪主の心がけや注意点、費用のポイントについてはこちらをご覧ください>

<葬儀>葬式にあたり心配なこと(費用・形式)を整理する
お葬式を何回かしたことがあります。喪主をやってみないと葬式の流れや見積、特に必要な予算などがわからないことがたくさんあります。予算がない時の対策・コストカットの仕方をまとめます。(家族葬・直葬・葬祭扶助含む)

葬式・家族葬・直葬の定義と流れ

“いわゆる”一般的な葬式 定義と流れ

お通夜・告別式を行うことで家族・親族だけでなく、生前故人とお付き合いのあった方々に広く参列に来ていただき、その後火葬してお別れします。

メリットとしてはたくさんの方とお別れできることです。

デメリットとしては、喪主はじめ遺族が落ち着いてお別れができないこと、参列した方への接待が必要なこと、費用が高額なこと、参列者の数が明確でないので予算が立てづらいことが挙げられます。
(個人的に印象深いのは、故人が定年後かなりの時が経ってから亡くなると、通常のお葬式にしたとしても、参列者が少なく寂しくなるケースを見たことがあります)

 

家族葬 定義と流れ

きちんとした定義はありませんが、一般的には家族を中心に少人数で行われる葬儀と火葬のことです。
基本的に参列者は家族から参列願い(連絡)があった方のみになります。一日で終わるものを一日葬とも呼びます。

そのため、参列者の範囲も「故人の子ども・兄弟だけ」など、喪主及び遺族の方で決定することができます。(もちろん関係先に連絡を入れることは必要ですが「家族で最後のひと時を過ごしたく、家族葬にさせていただきました…」などの断りは必要です。)

また、葬儀を式場でも自宅でもできます。ただし古い付き合いのある地域だと、自宅で行う場合、お別れに来てくださる方もいらっしゃいますので、留意することが必要です。

 

直葬 定義と流れ

通夜や告別式など一切宗教的な儀式を行わず、亡くなってからの安置から家族だけ火葬までを家族のみで執り行うものです。

注意事項としては、亡くなってから遺体を24時間以上安置しないといけないことが法律で決まっています。

直葬のメリットは、落ち着いて故人とのお別れができることです。お客への対応など余計なことに家族が煩わせられないことがあります。

確認事項としては、菩提寺がある場合はお寺さんが直葬を嫌がる場合があります。
(お布施をもらう機会を失うので、当たり前といえば当たり前です。菩提寺がある場合は一度相談したほうがよいでしょう。寺によっては戒名と納骨の時のお布施だけでよいなどいろいろできると思います。)

家族葬・直葬の費用と目安

“いわゆる”一般的な葬式 費用

葬儀費用として参考になるのは、日本消費者協会の調査があります。

これによると、葬儀にかかる費用の総額は約196万円となっています。

内訳は以下のようになっており、

寺院への費用を除く、純粋な葬儀一式の費用でも約150万円かかります。

葬儀一式費用121.4万円
飲食接待費(通夜など)30.6万円
寺院への費用47.3万円
葬儀費用合計195.7万円

<日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」/2017年>

葬儀にかかる費用はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター
生命保険文化センターが最新のデータで解説...

 

葬式費用で考えるなら、24時間いつでも葬儀の一括見積もりを取ることができますので、葬儀会社を選ぶだけでなく、相場感を持つためにも一度色々な見積もりを取ることをオススメします。(葬式会社もしつこく電話とかありませんし…)

 

家族葬 費用

病院・施設への故人のお迎えや納棺の世話、24時間以上の安置を経て(遺体預かり可)から通夜・告別式の祭壇・受付・司会・運営スタッフ、30人程度の会葬者、火葬に必要な費用が込みで、50万円から70万円程度かかります。

(寺院へのお布施、精進落としなどは除く)

 

お布施などを含めれば100万円から120万円程度になります。

 

ただし、家族葬は自由にできる範囲が大きいので、例えば、通夜をなくして告別式と火葬を1日で行うようにすれば35万円程度から可能になり、人数が10人強であればお布施などを含めた総額で80万円程度にすることも可能です。

家族葬では、費用をパッケージ化しているファミーユ が知られています

直葬 費用

安置から火葬だけであれば、25万円程度かかります。(寺院へのお布施などは除きます)

病院・施設への故人のお迎えや納棺のお世話、24時間以上の安置を経て(遺体預かり可)、通夜式・告別式のどちらも行わずに火葬だけを行う場合になります。

シンプルな葬式では 小さなお葬式 では19.8万円から可能で、20万円以内から送り出すことができます。
もちろん最低限になってしまいますので、必要なものだけ追加するという方法もあります。

 

コメント