<クールビズ>オフィスの暑さを乗り切るおすすめ冷感グッズ<28℃>

スポンサーリンク

 

オフィスにおけるクールビズの暑さ対策

職場では毎年、クールビズを実施しています。

もう梅雨になると、太っている私なんかは、蒸し暑さに我慢できなくなってしまいます。

 

とはいえ、毎年28℃に空調が設定される職場で誰かが勝手に設定温度を下げても、いつの間にか戻される総務と冷え性の女性にはかないません。

 

この時期は正直、冷感グッズを使わないとオフィスでは暑くてやる気がダダ下がりです。

この何年かで買って利用した暑さ対策グッズ・冷感グッズでおすすめできるものを紹介します。

 

おすすめグッズの紹介の前に、身体のどこを冷やせば効果的に冷せるか、ポイントをまとめます。

最初に効果的に体を冷やす方法・ポイント

太い血管があるところを冷やす

太い血管があるのは、首、脇の下、太ももの付け根です。

これらの箇所は、比較的身体の表面に太い静脈が通っており、そこを

流れる大量の血液を冷やすことで体温を効果的に下げることができます。

 

気化熱を利用する

気化熱とは、水が蒸発するときに、蒸発する水分が周りの熱を奪うこと(=涼しくなること)です。

簡単にできることとしては、顔を洗うことです。

顔を洗うとよいでしょう。顔に残った水が表面の熱を取ってくれます。

 

体を冷やす食べ物・飲み物を取る

冷やした水分(経口補水液)を摂るのは、身体の中から冷やすとともに水分補給にもなるので、一石二鳥です。

また食べ物でも体を冷やす効果があるものがあります。

野菜では、キュウリ、トマト、ゴボウ、ナス、レタス。
果物では、スイカ、パイナップル、メロン、キウイ。その他に豆腐やそばも身体を冷やす効果があるといわれています。

 

よりみち:なぜ28℃なのか?

平成17年の「クールビズ」開始の際には、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」及び労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」で定められた室温設定の範囲(17℃以上28℃以下)に基づいて、“冷房時の室温28℃”を呼び掛けてまいりました。出典:COOL CHOICE ウェブサイト

ということです。安全衛生の考えに基づいてということですが…28℃って上限ですよね。

28℃超えていたら、安衛法で労働者が守られるべき、最低限の衛生基準を満たしていないってことで、熱中症になったら「労災がおりるのか?」と思ってしまいます…

 

おすすめ暑さ対策グッズ・冷感グッズ

<前提>私の働いている職場では一時、卓上扇風機がはやりましたが、卓上扇風機をはじめとする電気を使用するものは以下の理由で使用できません。

・コンセント式:節電にならないし、むしろ盗電だー!
・USB式:もしも変なアプリが入っていたら困るからダメ!
・電池式:上2つと紛らわしいからだめ…

その為電気を使わないグッズだけになります。

 

<おすすめ商品紹介例>
商品名:商品名やメーカー名
効果:その商品の効果
目安価格:アマゾン(Prime)での価格
私の評価:★★★★★で評価
私の感想:実際に体験した時の感想です。
Amazon評価:★★★★★と点数(5点満点)で評価
良い口コミ:(私の感想だけだと偏りがあるかもしれないので)
悪い口コミ:(私の感想だけだと偏りがあるかもしれないので)

 

冷感スプレー

熱中対策 シャツクール 冷感ストロング 大容量

効果:衣類にスプレーするだけで、衣類をヒンヤリすることができます。メントールが汗をかくたびにひんやりとした冷感を与えます。冷感ストロングはクールミントの香りがします。

目安価格:772円

私の評価:★★★★
私の感想:アマゾンで冷却スプレーのベストセラー1位だったので購入しました。スプレーしてすぐ、汗をかいてすぐ冷たさを感じるので、汗っかきな私にはぴったりです。持ちは1時間弱程度です。注意としては熱中症にならないように水分補給を忘れないようにしましょう。

Amazon評価:★★★★☆4.1(34の評価)
良い口コミ:汗や風に反応するので汗かきな方ほど冷える仕組みだったと記憶しています。
実際シャツにスプレーして通勤したところ一時間かかるのですが効果はずっとありました。業務開始しても暫くは持ちますがトータル一時間半程度と考えたほうが良いです。

悪い口コミ:家の中で家事をする時に使おうと購入しましたが、風が無いところでは意味が無いものだと言うことを実感しました。外を歩く時にはクール成分が効くんだな…と。私には必要ないものでした。

 

GATSBY(ギャツビー) クレイジークール ボディウォーター 無香料 170mL

効果:クール感が飛び抜けてMAXなクレイジークール処方。ほてった体を瞬間冷却し、超キモチいい驚きのクール感が長続き。汗をかくたびクール感がよみがえります。さかさまでも使えるので広い範囲に使用可能です。

目安価格:450円

私の評価:★★
私の感想:もともとアトピー肌の私はこれを使用した時、かゆみがでたのでやめました。ただ、評判はとても良いのでおすすめ品にしています。肌が弱い人はこれにかかわらず冷感スプレーは注意して少量から使いましょう。

Amazon評価:★★★★☆4.2(153の評価)
良い口コミ:暑い時にしゅっとする用途はもちろんですが、偏頭痛にお悩みの方!是非試して欲しいです。集中したいときや、気分転換などにもおすすめ。刺激がokな方は、寝る前にこめかみ、肩、首の後ろ、胸、頭頂(ここが実はとっても気持ち良い)などにプッシュしてからお布団に入ると、夏でも快適に眠れます。涼しくて気持ち良い!

 

冷却ジェル

(定番)アイスノンソフト

効果:アイスノンソフト」は頭にやわらかくフィットするタイプの保冷枕です。
昭和40年の発売以来、夏の就寝サポートや発熱時に愛用され続けているロングセラー商品です。
朝までぐっすり、冷たさが10時間持続します。冷たさが長く続く秘密は、頭にフィットする部分はやわらかくて凍らない「不凍ゲル」、その下には保冷力が長続きする「凍結ゲル」を採用し、朝まで快適な冷たさを持続します。

目安価格:813円

私の評価:★★★
私の感想:子どもの時、熱がでた時に使ったアイスノンです。1kgちょいあるのでノートPCぐらいの重さがありますが、熱くなりそうなときは毎日冷やして持っていっています。昼寝時に使うのもいいですけど、私はデスクワーク時、タオルに巻いて足元に置いて踏んでいます…10時間は行かなくても7時間ぐらいはもちます。また、朝持って行く時にリュックの背中側に入れて置くと、それも気持ちがいいです。(濡れるのでタオル必須!!なのが使い勝手ー2)

Amazon評価:★★★★☆4.5(367の評価)
良い口コミ:レビューが良いので気になり、まずは一つ購入。かなり長い時間、ヒンヤリしています。汗かきの子どもにも良さそうなので、再購入しました。
たぶん、取り合いになりそうなのでまたすぐリピートしそうです。

悪い口コミ:緑の外装がすぐに破れました……。それさえ無ければ素晴らしい商品だと思います。

 

アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト (カバー1枚+ゲル2コ入)

効果:くりかえし使用ができ、首もとをしっかり冷やせるひんやりベルトです。
冷凍庫で凍らせるとカチカチに固くなる氷結ゲルです。
氷結ゲルは4包構造なので、首にフィットしやすくなっています。
洗える専用カバー付き。パイル地、スムース地で好みの冷感が選べる両面仕様です。
首まわりサイズ約50cmまで対応。対象年齢:4歳以上。

目安価格:754円

私の評価:★★★★
私の感想:氷結ベルトを巻いているのがどうしても見えてしまうので、見えてOKな職場であれば問題ないでしょう。あまり持たないのですが、首に巻けるので冷たくなった血液が身体の中を循環することにより思った以上に涼しくなります。

Amazon評価:★★★☆3.5(11の評価)
良い口コミ:主人が喉をよく腫らすので2セット常備しています。熱が高い時には2、30分程しかもたず、すぐぬるくなってしまうのですが、マジックテープ付きのカバーがとても便利ですし、2セット分4個を使い回せばなんとかなります。両脇の下にぐるっとまわして冷やすことも出来、本当に重宝します。

悪い口コミ:外で配達の仕事をしており夏の必需品ですが、以前使っていた他社の製品(カチカチに凍り長持ちする)ものが販売停止になったようでこちらを買いました。
30分くらいしか持たず、炎天下での仕事中に首元がぬるくなり2本持って出ないとダメかも…もっとカチカチに凍る長持ちする物を作ってほしいです。

 

クールタオル

クールタオル(冷感タオル)は、気化熱の仕組みを利用したもので、もともと乾燥しやすいタオルに水を含ませることで気化を促して熱を奪うことで冷却されるものです。

 

<注意>一部の中国・台湾産の冷感タオル(テレビ通販や家電量販店で販売)は、イソチアゾリノン系の防腐剤が検出されるなど、湿疹・かぶれの原因になるとして国民生活センターから注意喚起が出ていますので注意してください。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120119_1.pdf

→開封後初めて使用する前に、ぬるま湯でよく水洗いしてから使うと良いそうです。また心配がある場合は最初のうちは短時間の利用にとどめ、異常があったら皮膚科を受診してください。

 

<おすすめクールタオル>


商品名:クールコアタオル

効果:「吸収」「保水」「蒸発」の3つの役割を実現させ、効果的な気化熱を発生させ温度を下げる、冷感メカニズム “COOLCORE( クールコア ) テクノロジー” を採用した機能性タオルです。水に濡らして、絞って振れば何度でも冷たくなります。スポーツやアウトドアシーンはもちろん、日常生活においても効果を発揮し、冷却効果を長持ちさせることで、あなたの体温を健康的に保ちます。また、ポリエステル100%の抗菌仕様だから衛生的! ポリマー系や特殊化合物は不使用なので、繰り返しの洗濯機の使用も可能です。

目安価格:1,080円

私の評価:★★★★★
私の感想:毎日使っています。ワイシャツの首周りの内側にタオルを入れているだけに見えるのでそんな変には見えません。数枚を使いまわして昼休みの洗顔用タオルとしても利用しています。

Amazon評価:★★★★4.0(442の評価)
良い口コミ:そろそろ暑い季節になるなぁ…と思い、汗ばんだ肌に冷たく優しい質感のタオルを探していたところこれを見つけました。洗面台で水に濡らす→程々に絞る→周りに水が飛ばない程度に軽く振るこれだけで触った瞬間「冷たっ!」と感じるほどタオルが冷えてます。値段も値段だし騙されたら会話のネタにでもすればいいと思って購入したので予想が外れて満足です。

悪い口コミ:自転車に乗る時に首にかけ、冷却&首の日焼け防止、ついでにこまめに汗を拭けたらと思いましたが、冷却具合は普段の自転車の移動スピードによる放熱現象とあまりかわらず、薄手の生地のため首にかかってる部分は細くなってしまい日焼け防止もびみょうで、またパイル生地のような汗をスッと吸ってくれる感じでもありません。

 

おすすめ記事

<メンズ>男の体臭対策とおすすめデオドラント<制汗剤編>

<メンズ>男の体臭対策とおすすめデオドラント<制汗剤編>
メンズ(男性)の体臭を制汗剤・デオドラントで抑える・止める。男性の汗の臭いの原因から体臭対策、メンズの制汗剤・デオドラントのおすすめを紹介。家族の評判や口コミ、防臭・持続効果やコストをまとめて紹介。汗臭(わき汗)、ミドル脂臭、加齢臭の個別対策も。

 

<体臭対策>Kunkunbody(クンクンボディ)で汗臭・ミドル脂臭・加齢臭を外でも確認

<体臭対策>Kunkunbodyで汗・ミドル脂臭・加齢臭を確認
体臭対策の効果を確認できるKunkunbody(クンクンボディ)、汗臭・ミドル脂臭・加齢臭の3大臭の種類と強さを測定し、外出先でも臭いかどうか確認できます。クンクンボディの原理や仕組みから価格・購入可能な場所や感想・レビュー・評判を整理しました。

 

<通勤・オフィス>夏のビジネススニーカーのおすすめ

<通勤・オフィス>夏のビジネススニーカーのおすすめ
夏に活躍するメンズ向けメッシュ素材のビジネススニーカーのおすすめ。通勤や職場でも通気性が良い黒のスニーカーやスリッポンを紹介。ブランドはナイキ、アディダス、テバ、パトリック、メレル、ニューバランスのおすすめ靴の紹介・特徴や価格を比較。

コメント