<個人>コストでクラウドストレージを比較する

スポンサーリンク

 

 

クラウドストレージを検討する理由

もともと、写真やムービーのバックアップとして、Google Driveを利用していました。

最初は、外付けのハードディスクに保存していましたが、災害とかでハードディスクが壊れてしまった時のことを考えてGoogle Driveにバックアップするようにしました。

(一番の理由は、子供の写真・ムービーをきちんと保存したいからです…)

 

ただ、子どもの成長と共に、たくさんの写真やムービーが増え、写真も高画質になりファイルサイズも大きくなった結果、Google Driveの容量は、契約していた130GBに近づいてアラームが出るようになりました。

(契約した100GB+無料特典の30Gで130GB)

 

その為、Googleの次のコースはどんなもんだと見た結果、100GBの上は1TBコースでした…

<Google Driveの価格>

 

問題は価格です。月額料金は¥250→¥1,300の5倍強になります。

1年だと¥3,000→¥15,600、外付けハードディスクを毎年買える金額です…

 

ということで、GoogleDriveだけでなく、代表的なクラウドストレージ、

Apple iCloud Drive

Microsoft OneDrive

Dropbox(個人向け)

Amazon cloud drive

を比較してみて、コストパフォーマンスが高いクラウドストレージ(オンラインストレージ)のおすすめを検討します。

 

なお、他の有名どころ、例えばSugerSync、Boxは個人向けでは価格が高めでした。今回 “コスパ・安さ”で選びたいので対象外になりました。

 

検討していた容量が最大2TBまでなので、2TBまでの比較・検討とします。

 

主要なクラウドストレージを価格・コストで比較する

ということで、Google, Apple, Microsoft, Dropbox, AmazonというIT業界のガリバーと専業のDropboxを紹介します。

コストで見ると、GoogleやAmazonはスケールメリットが効くので、ユーザの価格も安くできると思われます。

 

早速、Google Driveからコストと特徴をまとめていきます。

 

Google Drive

Google Driveでは100GBコースの上は1TBコース、価格は250円から1,300円と高くなります。ただし、他社の1TBの費用と比べても、高価ではありません

 

他の特徴として…

・GoogleのドキュメントやスプレットシートなどGoogleのファイルは容量計算の対象外

写真は容量計算の対象外(Google Photoに入れたものに限る)

ただし大きいファイルはリサイズされて保存されます

 

Apple iCloud Drive

図からわかるように、AppleのiCloudDriveは他社とは違った容量でサービスをしています。

通常、100GB,1TB…と10を区切りにサービスをしているのですが、Appleだけが50GB, 200GB, 2TBと区切っています。

そして価格設定がとても戦略的です。

 

他の特徴としては…

・他のApple製品(iPhone,iPad,Macbook)との連携の良さ

家族とストレージを共用できる(200GBコース以上)

特に家族と共用できるのが魅力です。

我が家は家族でiPhoneを利用していて、家ではiMac、外ではMacbookProとAppleズブズブのスタイルなので、魅力的に感じます。(携帯のバックアップも取りやすいですし)

 

Microsoft OneDrive

GoogleやAppleと異なり、Microsoft(MS)のOneDriveは1年だと20%安くなります。

1TBコース:1,274円/月、12,744円/年

この1TBコースの名前はOffice 365 Soloと言います…ん…Office…?

 

そうです、OneDriveの大きな特徴としてMS Officeの1年利用版であるOffice 365に付属されているものなのです。

つまり、Word, Excel, PowerpointなどのMS Office1年間利用権と共に1TBのストレージが付いてくる訳です。

なので、Office 365 Soloを買っている方は無料で使えるクラウドストレージなのです。(ストレージのおまけにOfficeが付いてくるので買うという考えもアリです)

オフィスバンドルとは、意外な伏兵でした。

 

Dropbox(個人向け)

<Plus/Proが1TBのサービス>

ここで紹介する中で、唯一クラウドストレージが本業のDropbox。

他社はバックアップに特化している感がありますが、Dropboxは共同作業のための、共有フォルダサービスのイメージが強くあります。

 

そのためDropboxの強みとして

・1つのファイルの大きさに制限がないこと

共用できる・共用に関する機能が充実しているので複数名で利用するのにおすすめ

 

Amazon cloud drive

最後はAmazonのサービス、Amazon cloud driveです。

よく名前やサービス内容が変わったり、腰が定まっていない感じもあります…

ただしAmazon自体は、AWS(Amazon Web Services)で仮想環境のサーバーやストレージの提供を事業者向けに行なっていますので、信頼性は高いといえます。

 

大きな特徴としては…

Amazonプライム会員であれば写真分の容量は計算対象外(プライムフォト利用。ファイルの要件あり、詳しくはこちら

 

容量別費用まとめ

<各社クラウドストレージ費用まとめ>

 

<おすすめ>50GBのクラウドストレージ

Apple iCloud Drive

50GBを用意しているのはAppleとMSですが、Appleの方が半額程度安いです。

ただし、androidスマホには対応していない(Windowsは対応)ので、android利用者は注意が必要です。

 

<おすすめ>100GBのクラウドストレージ

アマゾンのプライム会員であれば…

Amazon cloud drive

100GBを用意しているのはGoogleとAmazonですが、単純費用であればAmazonの方が安いからです。

ただし、写真ファイルはGoogleは誰でも容量計算の対象外に対してAmazonはプライム会員のみになります。

(プライム会員について、こちらから)

 

そのため、Amazonのプライム会員でなく写真ファイルのボリュームが大きい方は、Google Driveを選択した方が良いでしょう。

 

<おすすめ>200GBのクラウドストレージ

Apple iCloud Drive

200GBを用意しているのはAppleだけです。

その割には費用も安めです。

 

<おすすめ>1TBのクラウドストレージ

一番の激戦区です。

シンプルにコストだけで選ぶなら、月払いではDropboxのPlusコース、年払いでは、MSのOneDriveになります。

(おまけにWord, Excel, Powerpoint, OneNote, Outlookがついてきます)

 

ただ、写真の割合が多い人は、Google Driveが、

写真の割合が多いAmazonプライム会員は、Amazon cloud driveが安く・たくさん容量が使える場合があるので、その人の状況で大きくおすすめが変わるところです。

 

<おすすめ>2TBのクラウドストレージ

Apple iCloud Drive

2TBを用意しているのは、AppleとAmazonですが、Appleの方が4割程度安いです。

 

ただし、androidスマホには対応していない(Windowsは対応)ので注意が必要なこと、Amazonプライム会員で写真の割合が多い人Amazon cloud driveがおすすめな場合があります。

(例:ファイルサイズの変換OK、半分以上がAmazonの要件を満たす写真ファイルなら、1TBコースでも行ける訳ですし…)

 

今回は自分が検討していたのが2TBまででしたので、2TBまでの比較・検討をしました。

<おすすめ記事>

<クレジットカード決済>Square(スクエア)とは
簡単にできるクレジットカード決済、Square(スクエア)をまとめ。必要なのは、情報登録とスマホのPOSアプリ(iOS/android)、カードリーダーのみで決済可能。固定費無料、カード手数料だけで利用できることが特徴。準備、使い方、手数料や仕組みも紹介。
<ビットコイン>ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に保管
ハードウェアウォレットはビットコインなど仮想通貨(暗号通貨)の安全な保管先です。ネット上の取引所やソフトウォレットには、セキュリティの不備を突かれた盗難リスクがあります。リスクが少ないハードウェアウォレットの紹介とおすすめ製品(Ledger)・購入方法をまとめました
<紛失防止>MAMORIO Sで貴重品を守る(落し物・忘れ物)
貴重品の落し物・忘れ物・盗難防止・追跡用の紛失防止トラッカーとして、IoTタグとスマホで管理できるMAMORIO S(マモリオ エス)がおすすめ。BluetoothおよびGPS・位置情報を利用して、鍵・財布・PC・カメラからバイクや自転車まで大切なものを管理

コメント