ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に保管

ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に保管

ハードウェアウォレットの必要性

私も本当に少ない額ですが、ビットコインをはじめ仮想通貨を持っています

そこに例のコインチェックで発生した、仮想通貨NEMの事件、ハッキングで顧客が取引所に預けていたNEM、総額580億円という膨大な金額を奪われてしまったこと、

そして、コインチェックは自社で実施していると謳っていたセキュリティをかけていなかったこともわかりました

もともと、株の延長としてしか捉えていなかった私も市場の未成熟さセキュリティの大切さを痛感した出来事でした

自分の仮想通貨は自分で管理する、セキュリティもできるだけ管理する。という思いから、自分なりにいろいろ調べてハードウェアウォレットを買いました

ハードウェアウォレットの特徴を、他のお財布の場合。取引所に預けるパターン(Webウォレット)ソフトウェアウォレットで管理するパターンと比較して、紹介します

ハードウェアウォレットの特徴と比較

ハードウェアウォレットとは、ビットコインをはじめ暗号通貨を保管するデバイスで、形状はPCのUSBポートに接続するUSBメモリーのようなトークン型の装置です

その他の保管方法としては

取引所に預ける(Webウォレット)

取引所に口座を開設して、買った仮想通貨をそのまま取引所に預けている場合です。Webを介して操作するのでWebウォレットと言います

ネットワークに接続されており、セキュリティは取引所(ビットフライヤーやコインチェック)が実施するセキュリティ対策によって守られます

また秘密鍵の管理も取引所に任せているので、手軽な一方、最悪の場合は資産が全て奪われる可能性もあります

ソフトウォレット

自分のPCにソフトウェアをインストールして利用しますのでソフトウォレットと言います。設定の手間がかかりますが、秘密鍵の保存や管理から仮想通貨のやり取りに必要な機能まで利用できます

一般的に普及していますが、ソフトウェアとして秘密鍵をPCに保存しているため、PC本体の故障やウィルス感染・ハッキングによるリスクがあります

保管している金額が大きい場合は、常時接続はやめておくといいでしょう

ハードウェアウォレットをおすすめする理由

ビットコインやアルトコインと言った仮想通貨は取引所(Webウォレット)やソフトウォレットに保管したままだとコインチェックのようにハッカーから盗まるリスクがあります

ハードウェアウォレットは、

物理的にネットから切り離した状態で保管できるので、暗号通貨を保管する手段として、最もセキュリテイが保たれたものになります

おすすめハードウェアウォレット:ledger nano S

自分が調べて購入したのはこのledger nano S(レジャー ナノ エス)です

ハードウェアウォレットとして有名なのが、TREZOR(トレザー)とこのLedger(レジャー)で、TREZORとLedgerはアマゾンをはじめ楽天やメルカリ、各オークションサイトで売っています

しかし、必ず信頼のおけるお店で買いましょう”

なぜなら、事前にハードウェアウォレットにマルウェアなど悪意のあるソフトを仕込まれた場合、秘密鍵がバレてしまい、仮想通貨自体が盗まれる可能性があるからです

そのため一部のサイトでは出品禁止になっています

<参考記事>メルカリ、“仮想通貨のおサイフ”「ハードウェアウォレット」を出品禁止に

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/31/news101.html

海外の話ですが、実際にeBayのよくわからない業者から購入したセットアップ済みのLedgerで、全ての仮想通貨を失った事件もありました

ましてや中古のハードウェアウォレットを購入することは持ってのほかです

<海外のサイトですが参考記事:英語>

https://www.helpnetsecurity.com/2018/01/09/hardware-wallet-security/

https://cointelegraph.com/news/life-savings-stolen-from-second-hand-ledger-hardware-wallet

だから私は、Ledgerの日本における総代理店から直接買いました

(下線部をクリックするとLedgerの日本公式のサイトにリンクします)

総代理店のEarth Shipで購入すると、製品への信頼感もありますが、

オーナー登録日本語対応のカスタマーサポート、動画の設定マニュアル、ユーザーズガイドなどしっかりとしたサポートがあるのもおすすめな点です

(元から付いている取扱説明書など全て英語です)

Amazonには、Ledgerの他の代理店やTrezorの代理店もありましたが、事前に情報をきちんと確認して購入することを強くおすすめします

<参考:Ledgerの日本代理店一覧>

https://www.ledgerwallet.com/retailers#japan



(興味ある方はイメージをクリックするとLedgerを購入できる公式サイトにリンクします)

<スペック>

・対応通貨:ビットコイン、イーサリアムなど多数の仮想通貨に対応

・サイズ & 重量

サイズ : 98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)

重量 : 16.2g

・対応コンピュータ

Windows (7+), Mac (10.8+), Linux or Chrome OS. Google ChromeもしくはChroniumのソフトウェアとLedger Nano Sを接続するUSB ポートが必要

<注意事項>最新の情報の確認など、購入に際してはご自身にてしっかり確認をお願いいたします。なお、こちらでは責任を負いかねますので、自己の責任にて利用してください

<おすすめ記事>

<クレジットカード決済>Square(スクエア)とは
簡単にできるクレジットカード決済、Square(スクエア)をまとめ。必要なのは、情報登録とスマホのPOSアプリ(iOS/android)、カードリーダーのみで決済可能。固定費無料、カード手数料だけで利用できることが特徴。準備、使い方、手数料や仕組みも紹介。
<紛失防止>MAMORIO Sで貴重品を守る(落し物・忘れ物)
貴重品の落し物・忘れ物・盗難防止・追跡用の紛失防止トラッカーとして、IoTタグとスマホで管理できるMAMORIO S(マモリオ エス)がおすすめ。BluetoothおよびGPS・位置情報を利用して、鍵・財布・PC・カメラからバイクや自転車まで大切なものを管理
<個人>コストでクラウドストレージを比較する
2018年、写真や大切なデータのバックアップとして利用する個人向けのクラウドストレージ(オンラインストレージ)の容量が大きくなったので見直しました。価格や特徴などGoogleDrive、Amazon、iCloud、OneDriveなどおすすめのサービスを比較してまとめました
スポンサーリンク
広告336×280