<伊勢神宮>内宮・おかげ横丁でのグルメ・ランチ

<伊勢神宮>内宮・おかげ横丁でのグルメ・ランチ

伊勢神宮・おかげ横丁でランチ・スイーツを楽しむ

伊勢神宮に行くことになりました。内宮・外宮だけを回るような忙しない旅ですが、そんな中でも楽しみは食事です。

事前に自分が行きたい、家族にもおすすめできるかもしれないランチやスイーツをまとめておきます。

<帰ってきたら感想を追記する予定です>

<伊勢神宮>周辺のおすすめホテル・旅館

https://nattynote.com/2017/12/ise_hotel/

<伊勢神宮>内宮・外宮の駐車場をまとめる

https://nattynote.com/2017/12/ise_parking/

スイーツ

赤福餅

伊勢といえばやはり赤福。名古屋の時に土産に買っていましたが、やはり本場でつきたてを食べてみたいです。

本店は朝5時から開店しており、

内宮への朝参り前後に行けるのがおすすめポイントです。

赤福は、伊勢神宮を流れる五十鈴川のせせらぎを表現しており、餡(あん)の三筋の形は清流を、白いお餅は川底の小石を表しています。

2個入り(番茶つき)210円

<赤福本店>

■営業時間
営業時間:午前5時~午後5時(午前5時は本店のみ)
■定休日
無休
■住所
三重県伊勢市宇治中之切町26番地
■電話番号 
0596-22-7000

赤福HPより

へんば餅

そして、家族が楽しみにしているのが、このへんば餅です。

九州・福岡の梅ヶ枝餅が好きなので、形が似ているへんば餅に興味があります。

餅は米粉を用いており、焼き色がついて香ばしく、口溶けのよいこし餡のまろやかな甘みが広がります。硬くなりましたら、軽く焼くと柔らかさと香ばしさが戻ります。(梅ヶ枝餅と同じですね)

お土産では、消費期限が製造日含む2日間なので注意が必要です。

へんば餅 2個 160円

<へんば餅 おはらい町店>

〒516-0026 三重県伊勢市宇治浦田1丁目149-1(地図
 0596-25-0150
営業時間/9:00~17:00 イートイン/9:00~16:30
※17時以前に売り切れる場合あり
定休日/毎週月曜日(祝日、振替え休日の時は火曜日)

伊勢うどん

ふくすけ

伊勢神宮のグルメといえば「伊勢うどん」が浮かびます。

“柔らかい”極太麺に濃褐色のタレをかけただけの伊勢うどん、ふくすけのタレは、天然ダシを使った自家製ダレです。

ぶっかけですが、讃岐うどんと反対の柔らかい麺。

どんな感じなのか味わってみたいです。

伊勢うどん 500円(税込)

<ふくすけ>

三重県伊勢市宇治中之切町52

TEL / 0596-23-8807

営業時間 / 10:00~17:00(LO16:30 季節で異なる) 年中無休

てこね寿し

すし久

伊勢での食事、おはらい町通りでも人気な料理店が ”てこね寿し”のすし久です。伊勢志摩の田舎料理のお店ですが、その中で最も人気が高いのが “てこね寿しです。

昔、漁師が釣った鰹を船上で醤油漬けにして、酢飯と混ぜあわせました。この時、手で混ぜて食べたことからてこね寿しという名前がつきました。

秘伝の醤油に漬けた肉厚の鰹の切り身を、地元のブランド米「御絲産コシヒカリ」の酢飯の上に乗せた “てこね寿し” を食べることができます。

竹 平膳(てこね寿し)てこね寿し、炊き合わせ、茶碗蒸し、小鉢、赤出し1,860円(税込)

<すし久>

三重県伊勢市宇治中之切町20

TEL / 0596-27-0229

営業時間 / 10:30~19:30(LO19:00)  年中無休

(18日(月)~30日(土)の期間夜間営業は休み)

伊勢神宮のこちらの記事もいかがでしょうか

伊勢神宮への観光とおすすめの紹介

https://nattynote.com/2018/01/ise_travel/

スポンサーリンク
広告336×280